上咽頭炎にソンバーユ(Bスポットのセルフケア)

最近、ブログ読者の方から新たな情報をいただきました。
上咽頭のBスポット治療にソンバーユ(馬油)を使うというものです。
さっそく、アマゾンでソンバーユを購入しまして、試してみたところ、すごくいいです!
ほんとに感謝です。

塩化亜鉛は、炎症を抑える効果があるようですが、潤いは持続しません。
ソンバーユの場合、潤いが持続・浸透して、朝起きても鼻の奥がイガイガする感じがなくなりました。
私の場合、上咽頭が乾燥しやすく、すぐにイガイガしてしまう症状で、冬は枕元に加湿器をたいていたのですが、その必要もなくなりそうです(涙)
病院ではなくても買えるところもいいですね!

腎臓への効果は今のところ分かりませんが、その方はソンバーユにて腎臓のほうも改善したそうです。

以下、方法についてご紹介します。もちろん、自己責任で!
(とはいえ、Bスポット治療って、ほぼ毎日ケアしないと良くならない気がします。。。
耳鼻科に1時間かけて通って、1時間待ってお金をかけてって、毎日はできないです、、
私は、セルフケアでかなり精神的に楽になりましたので、参考になれば幸いです。)

①上級者向け鼻用

上級者向けは、こちらのバーム状のソンバーユを綿棒にたっぷりとつけて上咽頭に塗ります。
c0178611_16384496.jpg


私は、メンティップ綿棒1503を使っています。
c0178611_16465556.jpg


綿棒の入れ方は、ちょっと難しいです。
私は病院で習いましたが、最初は失敗して泣き ました。。
まず、綿棒の頭の部分を少し曲げ、曲がっている方を下に向けて、とにかく、鼻の下側(喉側)の皮膚にはわせる感覚で、下に向かって入れていきます。
正しく入ると、綿棒を入れること自体は痛くないです。入れるのが痛い方はたぶん、方向が間違ってますので中止してください!!!
奥に届いたらぐりぐりと綿棒をいろんな方向に回して、馬油をぬりつけます。
ソンバーユは塩化亜鉛みたくしみませんが、炎症がある箇所はやはりすこしだけしみます。

②上級者向け喉用

喉はさらに難しいです。
咽喉綿棒 ハルトマン式 に脱脂綿を少しだけちぎって巻き付けます。
それにソンバーユをぬって、喉の裏に塗ります。
これは、結構奥まで入れる必要があるのですが、すぐにおえぇぇぇってなって、ちょっと自分ではできないので、家族の方に覚えてもらうとよいかと思います。。。
c0178611_1639284.jpg



③初心者向け

綿棒を鼻やのどにつっこむのに抵抗がある方は、ソンバーユ液を点鼻として鼻からたらしてあげてもよいかと思います!
c0178611_1639633.jpg



以上、すべてAmazonで購入可能です((笑)
最近Amazonプライム会員になってしまって、何でもかんでも注文しています、、いやホント便利ですね!

ソンバーユは顔や髪にもいいみたいで、とにかく万能保湿液って感じなんですね。
皆さま調べてみてくださいね。
[PR]
by mmcrystal | 2016-12-21 16:47 | 鼻咽喉炎 | Comments(0)

人の心、花になりにけり


by Maa
プロフィールを見る